新生児聴覚検査の助成について

  生まれつき、聴覚に何らかの障がいを持つ赤ちゃんは、1,000人に1~2人といわれています。聴覚障がいを早期に発見し、早期に聞くことや話すことの練習を開始することにより、コミュニケーションの形成やことばの発達に大きな効果が得られます。ぜひ、赤ちゃんのために、新生児聴覚検査を受けましょう。
 河北町では、平成31年度より新生児聴覚検査に係る費用の一部を助成します。

1.助成対象者
  平成31年4月1日以降に生まれた新生児の保護者

2.助成の対象となる聴覚検査
  AABR(自動聴性脳幹反応検査)またはOAE(耳音響放射検査)
  ただし、初回検査のみが対象となります。

3.助成額
  新生児1人につき上限額5,000円とし、検査費用がこれに満たない場合はその額とします。

4.助成の受け方
  (1)河北町新生児聴覚検査受検票を使用する場合
    受検票は以下の医療機関で利用できます。検査を受ける時に、河北町新生児聴覚検査受検票            
   を医療機関に提出してください。検査費用が助成上限額を超えた場合は、残額をお支払いくだ  
   さい。
  
  医療機関名 所在地 電話番号
1 国井クリニック 寒河江市大字中郷1450-1 0237-84-4103
2 すまいるレディースクリニック 寒河江市大字寒河江月越5-2 0237-86-3215
3 菅クリニック 東根市三日町4-1-30 0237-42-0055
4 天童市民病院 天童市駅西5-2-1 023-654-2511
5 横山病院 山形市十日町3-6-48 023-622-3415
6 川越医院 山形市宮町1-3-36 023-641-6467

 (2)償還払い(払い戻し)にする場合
   上記以外の医療機関で聴覚検査を受けられた場合は、以下の書類とともに健康福祉課への申請
  が必要です。申請受理後、申請者の口座に振り込みをさせていただきます。請求期限は、受診日
  から1年以内となっています。
  
  〇持ち物
  ①河北町新生児聴覚検査費用請求書
  ②聴覚検査を受けた際の領収書または診療明細書
  ③母子手帳
  ④助成額振込先の通帳

                        


【問合せ先】健康福祉課 健康づくり係  ☎73-5158(平日8:30~17:15)