2020年農林業センサスが行われます

2020年2月1日現在で「2020年農林業センサス」が全国一斉に行われます。町内すべての農家や林家等に調査員がお伺いして聞き取り調査を行いますので、ご回答をよろしくお願いします。

農林業センサスとは

「センサス」とは、「全数調査」の訳であり、「すべての対象をもれなく調査する」という意味です。農林業センサスは、我が国の農林業・農山村の実態を明らかにするとともに、農林業をとりまく実態と変化を総合的に把握することを目的としています。

調査の対象

町内で農林業を営んでいるすべての農家、林家や法人等

調査の方法

2020年1月末までに調査員がお伺いし、聞き取り調査を行います。

以下のいずれか1項目以上に該当する方に対し、調査員から調査票をお配りします。

調査員が訪問した際に確認いたしますので、該当する場合には、調査票への回答をお願いします。

○経営耕地面積が30a以上である。

○栽培面積や家畜の飼育頭数などが、一定規模以上の経営をしている。

○農作業及び選果選別等の受託(農業サービス)を行っている。

保有山林面積が3ha以上で、過去5年間に育林または伐採を行っている。

○保有山林面積が3ha以上で、2020年を計画期間に含む「森林経営計画」を作成している。

○委託を受けて造林・保育を行っている。

委託を受けてまたは立木を購入して200立方メートル以上の素材生産を行っている。

 秘密は厳守されます

統計法では、調査を受ける人には「報告の義務」を、調査を実施する関係者には調査によって知ったことを他に「漏らしてはならない義務」を規定しています。さらに、これらに反したときには罰則が定められています。
調査票に記入していただいた内容は、統計の目的以外に使用することは絶対にありませんので、安心してご記入ください。

調査の意義と重要性をご理解いただき、ご回答をよろしくお願いいたします。

調査の詳細については下記の農林水産省のサイトをご覧ください。

お問い合わせ

河北町役場 政策推進課 情報係
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81
電話:0237-73-2111(代表) / 0237-73-5165(直通)