新型コロナウイルス感染症にかかる放課後児童クラブの対応について

放課後児童クラブにおける対応について

小学校の臨時休業に伴う対応

臨時休業した日から、長期休暇と同じ時間帯で開所する。

  1. 利用期間 学校の臨時休業日から
  2. 利用時間 午前8時から午後7時まで

受け入れ対象児童

  1. 現在利用している児童 すでに放課後児童クラブをお使いいただいている児童については、引き続き利用可能です。 た だし、集団生活を行うことでの感染リスクに鑑み、ご自宅で過ごすことが可能なお子さんにつきましては極力ご利用を自粛くださいますようお願いいたします。
  2. 利用していない児童 町教育委員会学校教育課にご相談ください。

支援員の体制確保

 春休みを前倒しし、受け入れ確保と体制の調整を図って参ります。

新型コロナウイルス感染症対策への対応について

利用停止

 学校保健安全法第19条による出席停止の措置基準に準じ、以下の場合は利用停止とする。

  1. お子さんに風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合。(解熱剤を飲み続けなければならない場合も同様)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合。
  3. 同居する者に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認された場合等、お子さんが感染症にかかっている疑いが生じた場合。
  • 利用停止とする期間:県と町が協議のうえ、感染のおそれがないと認めるまで。

臨時休園

 学校保健安全法第20条による臨時休校の措置に準じ、以下の場合は臨時休園とする。

  1. お子さんに新型コロナウイルス感染症の陽性が確認された場合。
  2. 支援員等に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認された場合。
  • 臨時休園とする期間:感染症の発生状況により、県と町が協議のうえ判断する。