新型コロナウイルス感染症の影響に伴う納税の猶予制度

納税の猶予(特例制度) 
 新型コロナウイルス感染症の影響により、事業等に係る収入に相当の減少があった方で、町税を納期限内に納税することが困難な方は、申請により、1年を限度として、納税の猶予を受けることができます。

 猶予が認められると、担保の提供は不要で、延滞金もかかりません。
 猶予期間内における途中での納付や分割納付など、事業に応じて計画的に納付していただくことも可能です。

 注:猶予制度により税が減免になるわけではありません。
 注:納付が必要な額を、今すぐに納めるのではなく、申請から原則1年の範囲内で納めていただくことと
   なります。
 注:口座振替納付の方で、申請の時期によっては口座振替される場合があります。

【チラシ】納税の猶予「特例制度」

対象となる方
 次の要件の両方を満たす納税義務者または特別徴収義務者(個人・法人や規模は問いません。) 
  1 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1ヶ月以上)において、事業
   等に係る収入が前年同期に比べて概ね20パーセント以上減少していること。

  2 一時に納税することが困難であること。

対象となる町税
  令和2年2月1日から同3年1月31日までに納期限が到来する町県民税、法人町民税、固定資産税、国民健康保険税など全ての町税
 これらのうち、既に納期限が過ぎている未納の町税についても、遡ってこの特例を利用することができます。
 令和3年2月1日以降に納期限を迎える町税については特例制度の対象となりません。

申請の手続き
 本制度を受けるためには、下記の申請書等の書類の提出が必要です。
 提出書類は、猶予を受ける町税の金額によって異なります。
 申請期限は、6月30日(法施行日から2か月後)、または納期限のいずれか遅い日までとなります。
 以下の書類を役場1階税務町民課納税管理係に提出いただくか、eLTAXホームページより電子申請してください。

 注:新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、できる限り郵送または電子申請をお願いいたしま
   す。

   申請書送付先:〒999-3511 河北町谷地戊81 河北町税務町民課納税管理係

(提出書類)
 1 徴収猶予の特例申請書
 2 財産収支にかかる書類
    財産収支状況書 (猶予を受ける税額が100万円以下の場合)
    財産目録・収支明細書(猶予を受ける税額が100万円を超える場合)
 3 収入の減少等の事実を称するに足りる書類
    例:売上帳、現金出納帳、給与明細、預金通帳のコピーなど
 4 猶予期間内の納付計画書(分割納付をご希望の方)
    特例猶予が承認された場合、承
認通知書とともに納付計画に対応した納付書を送付いたします。         

【参考】徴収猶予の特例申請書(記入例)

 注:申請は原則として納期限毎となります。(例:町県民税の1期と2期を合わせて申請は不可)
 注:添付書類の提出が難しい場合は、税務町民課納税管理係へご相談ください。


特別徴収義務者(給与支払者)の方へ

〇普通徴収への切替え対象でないか確認してください
 事業を休廃止していて特別徴収対象者(従業員)に給与が発生していない場合や、著しく給与支給額が減少し税額が給与から天引きできない場合、或いは給与から天引きすることにより従業員が生活困窮に陥る可能性がある場合等は、「給与所得者異動届出書」を提出いただき普通徴収へ切り替えていただく必要があります。
〇特別徴収対象者(従業員)の給与から天引き済み・天引き予定で納税の猶予を受けようとする場合
 特別徴収義務者(給与支払者)が納税の猶予を受け、未納の税金がある間、特別徴収対象者(従業員)が納税証明書を取得した際に、未納と表記される場合があるなど不利益を被ることがあります。この点について特別徴収対象者(従業員)に必ず説明し、理解を得るようにしてください。

 

お問い合わせ

河北町役場 税務町民課 納税管理係
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81
電話:0237-73-2111(代表) / 0237-73-2113, 0237-73-5160(直通)