べに染め

べに染め


平安時代より、高貴で高い官位を表す色とされた紅色。花びらそのものを使って染める植物染料として、花弁を摘み、洗い、寝かせ“花餅”にして、そして匠の技で染めあげられます。