押切田植え踊り・両所田植え踊り

押切田植え踊り

押切田植え踊り・両所田植え踊り

 でで棒系の押切田植踊りは、江戸時代の初めから地域に伝わる花笠舞で、子どもたちによって、毎年5月3日に披露されます。

  

 

 

 

両所田植え踊り

押切田植え踊り・両所田植え踊り

 弥十郎系と言われる両所田植踊りは、250年ほど前から伝えられ、ユーモラスな表情の大きなお面をつけるのが特徴で、毎年5月3日の両所神社の例大祭に披露されます。