紅花資料館

紅花資料館

 河北町は「べに花の里」です。江戸時代には、特産の「最上紅花」(昔は村山地方を最上といいました)が植えられ、可憐な花びらは紅餅(花餅)となって、はるばる京都へ送られました。そして、京都の紅屋の手によって紅餅から真っ赤な紅がつくられ、それが京おんなの唇を彩るとともに、紅色の美しい衣装を染めあげました。
 神秘的とも思える紅の美しさは、いつの時代も女性のあこがれのまとでした。
 それほどまでに貴ばれた紅花でしたが、明治になると外国産の化学染料に押されて姿を消してしまいました。しかし、その後も宮中や皇太神宮の式典で用いられる服装はいつも本県産の紅花で染められ、紅花はひそかに生き続けてきました。
 この資料館は、近郷きっての富豪だった堀米四郎兵衛の屋敷跡で、屋敷には武器や生活用品および古文書など5,000点を保存しています。昭和57年にこれらの寄贈を受け「紅花資料館」として昭和59年5月に開館したものです。

紅花資料館

 堀米家は、元禄の頃から農地の集積を行い、文政年間から明治期まで名主や戸長を勤めた家柄です。その間、米、紅花などの集荷出荷などによって財をなしてきました。
特に紅花は、文化年間(1804~1818)から精力的に取扱い、河北町内でも指折りの豪商に成長しました。蓄積された財貨は、農地の開拓や金融に向けられ、大名貸しも行っていたと考えられます。伊達藩白石城主や庄内藩酒井公の拝領品が保存されていることからも推察できます。

長屋門

 江戸末期に建てられた、格子片番所付長屋門。塀の上壁は、京より求めた紅殻を加え加工したもので、当時は、名主と武士待遇を受けている者だけが、長屋門をもちいることができました。




 

武者蔵

 武者蔵は嘉永6年(1853)に建てられたもので、文久3年(1863)から慶応4年(1868)にかけては、幕府の命によって組織された農兵隊の武器蔵として活用され、7挺の大砲を 初めとする武器や数々の具足が収蔵されていました。

工房くれない

 町内に残る蔵を移転復元したもので紅花染・わら細工などの体験学習の場として利用されています。
 

紅の館

 林家舞楽「沙羅龍王の舞」の模型、各時代の雛、紅花全盛に活躍した小鵜飼舟や北前船の模型、絢爛豪華な紅染衣装等を展示しております。

御朱印蔵

   御朱印蔵とは朱印状の収蔵庫で、近郷吉川村の新山神社から譲り受けた御朱印状を収 めるために、6代目堀米四郎兵衛則勝が願主となって、文久3年(1863)に建立したもので す。唐破風向拝付入母屋造の土蔵で、棟梁は松田仁作、設計および正面の彫刻は細谷藤吉 、木鼻の獅子は高山文五郎の作、ともに郷土の生んだ名匠です。
   

座敷蔵

   江戸中期頃の掘建式の蔵で、6棟あった土蔵の一番蔵と呼ばれていました。
町内で最も古い蔵の一つであり、後世に座敷蔵に改造し、客室として利用されていました。
 床の間の蹴込みには鶴と亀の彫刻がほどこされ、柱は面皮柱を用い、襖絵は伊達藩の絵師、縉斎(安政元年・1854)の作。

物産館

 紅染や紅ちょこ等紅花にまつわる物、町内の特産名産品を展示即売しています。是非お立寄り下さい。
  ■ 入館料
  個人 団体(20人以上)
一 般  400円 350円
高校生 150円 120円
小中学生 70円  50円

■ 開館時間
 3月~10月 9:00~17:00
 11月~2月 9:00~16:00

■ 休館日
 毎月第2木曜日(祝日の場合は翌日)
 12月29日~翌年1月3日

お問い合わせ

 河北町紅花資料館
 
〒999-3511  山形県西村山郡河北町谷地戊1143
 TEL.0237-73-3500