後期高齢者医療保険料

後期高齢者医療制度では、75歳以上(一定の障がいのある方は65歳以上)の被保険者全員が保険料を納めることになります。
 後期高齢者医療制度においては、一定額以上の年金を受給する被保険者で、口座振替を選択しない被保険者については、保険料の特別徴収(年金天引き)を行います。それ以外の被保険者については、納付書等による普通徴収を行います。
 後期高齢者医療制度の運営は、山形県内全市町村が加入する山形県後期高齢者医療広域連合が行い、市町村と共に事務を行います。