古今雛(門脇一男氏蔵)

古今雛(門脇一男氏蔵)

 明和(1764年~)時代に、江戸上野の大槌屋が原舟月に顔を彫らせて新しいお雛をつくりました。この手の雛を「古今雛」と呼んでいます。本品は京都で作られた雛で、風格のある作品です。目は上品に描きあげられた切り目で、初期の古今雛と言えます。
  男雛が24.5cm、女雛は天冠を含めて27cmの内裏雛です。