享保雛(鈴木英友氏蔵)

享保雛(鈴木英友氏蔵)

 享保時代(1716年~)は経済成長期に入り、その影響により多方面にわたって文化の全盛期に入りました。雛もその一つで、雛の歴史の中で最も華美に大型化した時代です。
 特徴は瓜実顔で、色白の中高面長の顔に気品があります。衣装は紫金襴地で大きなふくらみをもっています。
 男雛は73cm。