古今雛(兼子昭平氏蔵)

古今雛(兼子昭平氏蔵)

 古今雛は、明和(1764年~)に江戸上野の大槌屋の考案によって日本橋の原舟月が制作して以来、大流行となりました。京都においても、新型の古今雛が作られていきます。本品は江戸後期のもので、京都製の古今雛です。
 男雛28.5cm、女雛は28cm。