特定健康診査・特定保健指導

医療制度改革に伴い、平成20年度から国民健康保険、健康保険組合などすべての医療保険者において「特定健康診査・特定保健指導」の実施が義務付けられました。

特定健康診査」は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診査です。
内臓脂肪の蓄積を把握することにより、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の予防を図ることを目的としています。

「特定保健指導」は、健診結果で、生活習慣病のリスクが高い方に対して生活習慣を見直すサポートを行うもので、リスクの程度に応じて「動機付け支援」と「積極的支援」のグループに分けられます。
「動機付け支援」および「積極的支援」の初回面談において、生活習慣を振り返り、食生活や運動などの個別の行動目標を設定します。対象者が目標達成できるよう、保健師・管理栄養士がサポートいたします。