市川 清矩

河北町名誉町民 昭和58年4月1日受賞
市川 清矩

市川 清矩(いちかわ きよつね)

 大正2年(1913)新庄町(現新庄市)生まれました。昭和21年(1946)9月谷地町議会議員に初当選し、翌22年4月公職選挙法施行初の町長選挙に地域住民の推薦により立候補、見事当選を果たしました。敗戦直後の食糧事情、窮迫した社会情勢の中で、食糧増産、産業振興に努め数々の実績をあげました。
 昭和28年(1953)9月「町村合併促進法」が公布されるといち早く「河北地区合併促進協議会」を発足させ、昭和29年10月1日谷地町、北谷地村、西里村、溝延村を合併成立、新河北町が誕生し、河北町初代町長に当選就任しました。以来、連続5期20年の永きにわたり在職し、町政発展のため施策に取り組み、数々の実績をあげてきました。
 昭和30年(1955)、卓越した行政課題に対する認識と洞察力、指導力が認められ、山形県町村会長に推挙され就任。その間、幾多の団体の要職を務め、その発展に多大な貢献をされ、昭和38年には、全国町村会副会長に就任するや建設省、総理府、文部省等の数々の重要な審議会の委員を歴任し、国土開発、教育文化の向上に尽くしました。
 また、僧籍においては宿用院、定林寺、両寺の住職を勤め、昭和50年(1975)曹洞宗宗議会議長に就任し、赤紫恩衣許可。昭和53年には、大本山永平寺顧問に就任しました。 昭和57年、従五位勲四等旭日小綬賞を受賞しました。