大塚 文雄

河北町名誉町民 平成22年11月3日受賞
大塚 文雄

大塚 文雄(おおつか ふみお) 

 昭和15年(1940)7月20日、父日塔安吉、母フチヱの4男として、三泉村字造山(現河北町造山)に生まれました。
 三泉中学校2年生から、民謡グループあずま会に入会するなど早くから民謡歌手への道を志し、県立谷地高等学校卒業後に上京し、当時、民謡歌手の代名詞的存在であった初代鈴木正夫に入門、昭和36年(1961)日本民謡協会主催の全国大会で「新相馬節」を歌い優勝、同41年に山梨県民謡「市川文殊/正調粘土節」で歌手としてデビューしたのです。
 その後順調に吹込みを伸ばし、同52年(1977)発売された舞踊歌謡「祝賀の舞」は100万枚を越えるミリオンセラーとなりました。以来、澄み切った高音の大塚節をつくりあげ、民謡界を代表する国民的歌手の1人として活躍することになったのです。
 また、テレビ番組や全国のイベントなどにも数多く出演しては、民謡の指導と普及宣伝活動に勤め、これまで吹込んだ曲は民謡400曲、歌謡曲60曲を越し、指導した生徒(弟子)は3000人を数え、現在も首都圏を中心に3つの教室を持ち250人に教えています。こうした実績が認められ、平成21年(2009)10月には、日本民謡協会より「民謡名人位」を与えられました。
 同時にふるさとへの想い厚く、山形県や河北町の「動く広告塔」として山形花笠まつりや町のイベントを盛り上げるなど、多大な貢献をしております。