「健康かほく21行動計画」

明るい暮らし実現のため「健康かほく21行動計画」で健康づくりを始めよう!

 河北町では町民の健康づくり運動を推進する計画として「健康かほく21行動計画」を策定しています。
この計画は、がんや心臓病、脳卒中などの生活習慣病の増加や、健康をめぐる色々な課題に対応していくために、平成22年度までの施策の方向や具体的な目標値を盛り込んだ、「健康づくりの実践計画」となっており、主に栄養・食生活、運動やたばこ、アルコール、歯そして糖尿病や循環器疾患の予防など、健康づくりのために生活習慣を見直すことに重点をおいています。
 計画の期間は、当初2002年度(平成14年度)から2010年度(平成22年度)までとなっていましたが、平成20年度から導入された特定健診・特定保健指導の内容を含む医療費適正化計画との調和を図るため、2年間延長され2012年度(平成24年度)までとなりました。平成23年度に健康に関するアンケートを実施し、今の計画の見直しを行い、新たな「健康かほく21行動計画」を平成25年3月まで策定する予定です。

健康づくりを効果的なものとするために、町民のみなさんがとりくみやすい目標値を設定し、行動指針にそって 生活習慣病の予防につとめます。