アレルギー性疾患について

アレルギーとは?

体に侵入してくる異物に対して過敏に反応し炎症などの症状を引き起こすことです。

主なアレルギー性疾患

○気管支喘息
○アトピー性皮膚炎
○花粉症
○食物アレルギー

食物アレルギーについて

食物を摂取した際、身体が食物(に含まれるタンパク質)を異物として認識し、自分の身体を防御するために過敏な反応を起こすことをいいます。
また、特定のアレルギー体質を持つ人のため、食品を自分で選択できるように「特定原材料」として表示が義務付けられている食品があります。

   
特定原材料等の名称 表示の義務

卵、乳、小麦、落花生、えび、そば、かに

表示義務

いくら、キウイフルーツ、くるみ、大豆、バナナ、やまいも

カシューナッツ、もも、ごま、さば、さけ、いか、鶏肉、りんご、

まつたけ、あわび、オレンジ、牛肉、ゼラチン、豚肉

表示を奨励

(任意表示)

※詳しくは、消費者庁ホームページでご確認ください。

 子どもの急性アレルギーについて

子どもの食物や薬物、ハチ毒による急性アレルギー(アナフィラキシー反応)の緊急時の対応に有効なエピネフリンの自己注射が、厚生労働省で承認されています。登録された医師だけが処方可能となっていますので、受けたい方は、かかりつけのアレルギー専門医や小児科医に相談ください。

 

お問い合わせ

河北町役場 健康福祉課 健康づくり係
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81
電話:0237-73-2111(代表) / 0237-73-5158(直通)