河北町空き家等の適正管理に関する条例

~「河北町空き家等の適正管理に関する条例」が7月1日から施行します~

 

 

 近年、過疎化や経済的な理由により、空き家が増え続けています。この中で問題となっているのが、「管理が不十分な空き家」です。

これらの空き家は防災、防犯、衛生、景観などさまざまな問題をかかえ、倒壊などで他人の生命や財産に被害を及ぼす可能性があります。

 町では、皆さんの安全で安心な暮らしのために、「河北町空き家等の適正管理に関する条例」を制定しました。この条例で、空き家等の所有者の責務を明らかにし、空き家等の適正な管理を促すことで、「空き家等の所有者」と「町民」、「行政」が連携して、危険な空き家等の対策に取り組んでいきます。

 

 

  

対象となる空き家等とは

 町内にある、人が住んでいない建物とその敷地

  

管理が不十分な状態とは

  • 空き家等の倒壊や資材の飛散、落雪などにより被害をもたらすおそれがある状態
  • 空き家等に草木が生い茂ったり、ネズミや害虫などが繁殖したりして、周辺の生活環境に支障をきたす状態
  • 空き家等にだれでも簡単に入れ、火災や犯罪を招くおそれがある状態など

所有者等の責務とは

  空き家等の所有者等は、空き家等が管理不十分な状態にならないように、責任を持って維持管理しなければなりません。

 空き家等が原因で事故や損害が起こった場合、その所有者等が責任を問われますので、適正な管理を心がけましょう。

 

条例による適正化のフローチャート

 

情報提供
町民などから情報提供
調査
現地や所有者情報などを把握し調査
助言・指導
管理不十分の場合、所有者等への口頭による助言、または文書による指導
勧告
助言・指導に従わない場合、期限を決めて勧告
命令
勧告に従わない場合、期限を決め適正な処置をするよう命令
公表
命令に従わない場合、空き家等の所在地、所有者等の住所、氏名、命令内容の公表

 

 

町は、人の生命や財産などに重大な損害を及ぼす危険な事態が発生した場合、所有者等の同意を得て、必要最小限の応急措置を取ることができます。その費用は所有者等が負担することになります。

お問い合わせ

河北町役場 環境防災課 防災係
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81
電話:0237-73-2111(代表) / 0237-73-2116(直通)