社会保障・税番号(マイナンバー)制度

社会保障・税番号制度(通称「マイナンバー制度」)は、社会保障や税制度の効率性・透明性を高め、利便性の高い公平・公正な社会を実現するための制度です。


通知カード・個人番号カードについて

平成27年10月5日番号法施行により、住民票を有するすべての方(中長期在留者や特別永住者などの外国人の方も含む)に数字12桁の個人番号(マイナンバー)が割り当てられ、「通知カード」、「個人番号カード交付申請書」などが全住民に、世帯ごと簡易書留で郵送されます。


通知カード


通知カードは数字12桁の個人番号と基本4情報(氏名・住所・生年月日・性別)が記載された紙製のカードです。通知カードは行政手続きや個人番号カードの申請に関して必要になりますので大切に保管してください。
原則、住民登録地へ通知カードが送付されますが、やむを得ない理由により住民登録地で受け取ることのできない方は「通知カードの送付先に係る居所情報の登録」をご覧ください。

社会保障・税番号(マイナンバー)制度

個人番号カード


個人番号カードは表面に顔写真、基本4情報(氏名・住所・生年月日・性別)及び有効期間が記載され、裏面には個人番号、氏名、生年月日が記載されたICカードです。個人番号カードは公的な身分証明書として利用できるほか、電子証明書(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)の機能が標準装備されます。

●署名用電子証明書とは・・・確定申告等の電子申請手続きに利用できます。
●利用者用電子証明書とは・・・現在、国でさまざまな利用が検討されています。行政のサイト(マイナポータルなど)や民間のサイト(オンラインバンキングなど)など

個人番号カードの取得は希望する方のみです。
初回発行手数料は無料です。

社会保障・税番号(マイナンバー)制度

個人番号カードの申請方法

個人番号カードは希望者に交付します。交付を希望する方は「個人番号カード交付申請書」に顔写真を添付して、地方公共団体情報システム機構へ同封の返信用封筒で返送していただきます。

個人番号カードの交付

町では、平成28年1月下旬以降に順次交付を開始する予定です。
個人番号カードは平成28年1月から順次機構から町に送付され、その後、申請された方に町から交付についてのご案内をお送りします。ご案内の届いた方は町民係の窓口へご来庁いただき、本人確認のうえ個人番号カードを受領していただくことになります。

※多くの方が申請された場合、交付のご案内までに相当期間を要することが予想されます。ご理解のほどお願い申し上げます。

「住民基本台帳カード」から「個人番号カード」へ変わります(平成28年1月以降)

マイナンバー制度の導入に伴い、現在の住民基本台帳カードの発行は平成27年12月末をもって終了となります。ただし、すでに発行された住民基本台帳カードは原則として有効期間内(発行日から10年)は引き続き有効です。
平成28年1月以降は住民基本台帳カードの発行は行わず、「個人番号カード」の発行へ変わります。
●住民基本台帳カードと個人番号カードを両方もつことはできませんので、個人番号カードの交付時に住民基本台帳カードは回収させていただきます。
●住民基本台帳カードに「署名用電子証明書」を格納されている方は、電子証明書の有効期限(発行日から3年)を確認してください。
●「住民基本台帳カード」から「個人番号カード」に切り替えた場合、住民基本台帳カードに格納されている「署名用電子証明書」を「個人番号カード」に移すことはできません。

コールセンターのご案内(内閣府)

内閣府ではマイナンバー制度に関するお問合せのためのコールセンターを開設しています。
日本語窓口:0570-20-0178
外国語窓口(英語):0570-20-0291
土日祝日、年末年始を除く午前9時30分~午後5時30分
※この電話は全国共通ナビダイヤルです。通話料がかかります。

マイナンバー制度の詳細

マイナンバー制度等についての詳細、最新情報などについては国(内閣府)の「社会保障・税番号制度」のホームページをご覧ください。
(内閣府)「マイナンバー社会保障・税番号制度」(外部サイト)

お問い合わせ

河北町役場 税務町民課
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81
電話:0237-73-2111(代表)