障がい者福祉

 平成25年4月1日から障害者総合支援法が施行され、障害者の範囲に難病患者等が追加されました。それにより、居宅介護等の障害福祉サービス、補装具や日常生活用具の給付、移動支援等のサービスが受けられるようになりました。
  また、身体に障がいのある児童が対象となる、自立支援医療(育成医療)の申請窓口が保健所から町に変わりました。

 なお、サービスの中には、所得制限、障がいの程度などの要件があるものや、申請に必要な持ち物などもありますので、詳しい内容については担当まで問い合わせください。

身体障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳
障がい福祉サービス/自立支援医療費(更生医療)/自立支援医療費(育成医療)/自立支援医療費(精神通院医療)/補装具/日常生活用具/地域生活支援事業
心身障がい者福祉タクシー助成券/心身障がい者福祉給油券/紙おむつ等支給/人工透析患者通院交通費支給/車椅子移送車の貸し出し
特別障害者手当/障害児福祉手当/心身障がい者扶養共済制度/自動車運転免許取得助成/
自動車改造費の助成/重度心身障がい者介護用車両改造費の助成
身体障がい者等用駐車施設利用証/心身障がい者の駐車禁止除外指定車標章/
有料道路通行料金割引/NHK放送受信料の減免
障がい者の虐待や養護者の支援に関する相談窓口
障害者総合支援法の対象となる疾病は下記のとおりで、障害福祉サービス等を利用する場合は、医師の診断書等が必要です。