屋外町民プールの営業について


 平成28年6月17日オープンした新町民プールは、初年度24,847人、平成29年度29,685人の利用者数があり、生活習慣病予防、健康増進に向けて多くの方々からご利用いただいております。そうした中、平成29年末に屋外プール南西角が沈下していることが判明しました。以後、毎月測定を行い監視してきたところです。積雪の有無、地下水の渇水期(2月)、満水期(5・6月)の経過を見てきたところでもあります。その内容などにつきましては、測定の都度、議会へも報告して参りました。測定結果はページ下部の「測定ポイントの測定結果表(PDF)」のとおりとなります。

 最初の測定(平成29年9月13日)からみてほぼ変動はなく安定しているものと判断しております。
地質調査を実施した上で二重三重の対策を施し、荷重に耐えられるだけの設計と設計どおりの施工を行ったにもかかわらず、部分的な沈下が起こったもので、原因につきましては、引き続き調査して参ります。

 プールの状況について、これまで四者協議(設計業者、施工業者、地質調査業者、町)を開催し、協議して参りました。また、山形県水泳連盟の関係者などからも遊泳に関し支障がないとのご意見もいただいております。今後とも、衛生管理に十分配慮しながら、7月10日(火)より屋外プールの営業を実施していく考えです。現在までの測定値に大きな変動がない状況から修繕などについて引き続き四者協議で協議していきます。

 今後も、安全第一のもと衛生管理に努めながら町民の皆さまが快適に楽しく利用いただけるよう、施設運営を心がけて参ります。また、屋内プール、トレーニング室につきましては、通年を通して利用できますので、引き続き町民プールのご利用をお願いいたします。