森林の土地の所有者届出制度について

森林法改正により、平成24年4月1日以降に森林の土地の所有者となった方は、町への届出が必要となりました。

 森林の土地の所有者がわかることによって、
  ⑴行政が森林所有者に対して森林施業等に関する助言等を行うことができます
  ⑵間伐等を実施する際、森林を集約化して効率の良い森林整備を促進することができます

 このため、森林の土地の所有者を把握するための届出が制度化されました。

届出の対象者


 個人か法人かを問わず、売買や相続、贈与、法人の合併等により森林の土地を新たに取得した場合に、面積の大小に関わらず届出が必要となります。(※国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出をしている場合は対象外です。)

届出期間


 森林の土地の所有者となった日から90日以内に、町に届出をしてください。

届出に必要な書類


 ・森林の土地の所有者届出書 (様式ダウンロードはこちら
 ・登記事項証明書(写し可)又は土地売買契約書など権利を取得したことがわかる書類の写し

その他


 この届出制度に関する詳しい情報は林野庁のホームページに掲載されておりますので、そちらもご覧ください。(林野庁ホームページ