令和2年度河北町浸水住宅復旧緊急支援事業費補助金について

令和2年7月の豪雨により被災した住宅の再建費用に対し、補助金を交付します。

◆事業の目的

 令和2年7月豪雨による被災者の住宅の復旧と安全確保を図ることを目的として、
被災した住宅を復旧又は修繕する工事を行う方に、補助金を交付します。

令和2年7月の豪雨災害における住宅支援について(フローチャート図)

◆事業実施にかかるお知らせ

 補助金申請の受付を 9月28日(月) から開始します。

 10月3日(土)、4日(日)の午前中(9時00分~12時00分)の2日間、
   臨時の受付窓口を役場2階第1会議室に開設しますので、平日の申請が困難な方は
   ご利用ください。

◆補助金の交付が受けられる方

 1.町内で自ら所有し居住する住宅の復旧等工事を行う者
 
2.世帯員に町税等の滞納がない者

◆補助対象事業

 1.住宅の復旧又は修繕する工事及びこれに付帯する工事
   ※ただし、り災証明書の交付を受けたものに限る。

   
 
 
り災証明書の対象とならない付属建築物(車庫・物置等)は補助対象となりません。
  ・被災箇所以外のリフォーム、基礎嵩上げ等の対策工事、泥の掻き出し床下の消毒等
   対象とします。

 
 2.工事の施工業者については、町内・町外の条件は設けません。

 3.復旧等工事に要する費用には、災害救助法に基づく応急修理の工事に
  要する費用及び河北町持家住宅促進事業に係る補助金の対象とした工事
  に要する費用を含まないこと。

◆補助金交付額

交付される補助金は、町の補助金と県の補助金を合算した額を交付します。
 ①補助対象事業に要した費用の10分の3の額又は
 ②
り災証明書に記された被害の程度から下記のとおり定めた上限額 のいずれか低い額

 (1)大規模半壊及び半壊  上限額 65万円(町:50万円 県:15万円
 (2)準半壊        上限額 45万円(町:30万円 県:15万円
 (3)一部損壊(床上浸水) 上限額 30万円(町:20万円 県:10万円
 (4)一部損壊(床下浸水) 上限額 15万円(町:10万円 県: 5万円
  
 県の補助金:町が交付する補助金の2分の1の額(上限15万円)が上乗せされます。

◆補助金の申請

補助金の申請を行うにあたり、下記の書類が必要になります。
 ※り災証明書の写しと施工前後の写真があれば、補助金交付決定前の事前着工を認めます。

提出書類
 ①令和2年度河北町浸水住宅復旧緊急支援事業費補助金交付申請書(様式第1号
 ②事業計画書(様式
 ③収支予算書(様式
 ④り災証明書の写し
 ⑤補助対象事業の内訳書又は見積書・平面図など
 ⑥被災状況(工事着工前)の写真

◆実績報告書の提出

復旧等工事の完了に伴い、実績報告書の提出が必要になります。

提出書類
 ①実績報告書(様式
 ②事業成績書(様式
 ③収支決算書(様式
 ④復旧等工事に要した費用に係る契約書の写し
 ⑤復旧等工事に要した費用に係る領収証の写し
 ⑥施工写真(施工中及び施工完了写真)
 ⑦請求書(様式

河北町持家住宅促進事業費補助金制度との併用をされる方へ

 この制度は、被災された皆さまだけではなく町内にお住いのすべての方々が
ご利用できる制度となっております。ただし、県の上乗せ補助金を含めた予算
範囲内で補助金を交付しておりますので、予算がなくなり次第受付を終了する
こととなりますのでご了承ください。
 なお、河北町持家住宅促進事業費補助金の補助金交付申請の受付は、
令和2年10月2日(金)午前9時 から受付順に対応させていただきます。

 ※詳しくは、お問い合わせください。

お問い合わせ

河北町役場 都市整備課 管理係
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81
電話:0237-73-2111(代表) / 0237-73-2114(直通)