環境保全を農業から

 令和3年4月23日(金)、河北町農業用使用済プラスチック適正処理推進協議会が開催されました。近年の農業は施設栽培化の進展に伴い、多量に排出される農業用使用済プラスチックを適正に処理することが必要です。
 この日は、農業用使用済プラスチックの回収の日程や方法などを協議しました。委員からは回収のやり方などの意見が出され、農業生産者が処分に困らないように検討していきます。
 令和3年度は、1回目が7月中旬、2回目が7月上旬~8月上旬、3回目が11月上旬の3回の回収を目指します。会場については、昨年実施したサハトべに花が新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まることから、どこにするか調整して決定することにしました。詳細が決定したときは、チラシやホームページで啓発しますので、ご覧ください。皆様のご理解とご協力をお願いします。
環境保全を農業から