小学生が紅を摘む

小学生が紅を摘む

7月15日、谷地中部小学校の3年生54人が、べに花畑で紅花摘み体験を行いました。
紅花文化に触れようと授業の一環で体験したもので、今年は紅花の生育が早く、鮮やかな紅の色や濃い紅色になった花が混ざり、児童たちは花を選びながらたくさん摘んでいました。
摘まれた花びらは紅餅まで作り、みんなで紅染めをする予定です。
このような体験で少しでも紅花に興味を持ってくれることを期待します。

小学生が紅を摘む

               たくさん摘み取りました