特定外来生物-オオキンケイギクについて-

「オオキンケイギク」は特定外来生物です。
特定外来生物-オオキンケイギクについて-

「オオキンケイギク」とは
オオキンケイギクは北米原産のキク科の多年草で、5から7月にかけて黄色のコスモスに似た花を咲かせます。
強靭でよく生育することから観賞用、緑化用として日本に導入されました。しかし、あまりにも強く一度定着すると在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまうため、平成18年に外来生物法に基づく特定外来種に指定され、生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則として禁止されました。

特徴
オオキンケイギクには下記のような特徴があります。
・開花期は5月~7月頃
・高さは30~70㎝程度
・葉は細長いヘラ状の形で、茎の下のほうについている
・葉の両面には荒い毛が生えており、葉の周囲はなめらか(ノコギリの様にはなっていない)
・黄橙色の花が咲き、直径は5~7㎝、花びらの先端に不規則に4~5つのギザギザがある

特定外来生物-オオキンケイギクについて-

似ている花との見分け方
似ている花に「キバナコスモス」がありますが、キバナコスモスには以下の特徴があり、オオキンケイギクと見分けることができます。
・開花期が初秋
・花びらの先端の形が違う(ギザギザが少ない)
・葉の形がギザギザになっている
・花の色がオオキンケイギクより濃い(オレンジに近い)

特定外来生物について
外来生物法では、特定外来生物に指定された生物について、飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つことなどを原則禁止しています。これらの項目に違反した場合、法律で罰せられますのでご注意ください。
※最高で個人の場合懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金、法人の場合1億円以下の罰金が科せられます。

駆除方法と注意点
1種子を落とす前に根から引き抜くのが望ましい。(刈り取りも一定の効果があります。)
2指定のもやせるごみの袋に入れる。その場からなるべく移動させず2、3日天日にさらして枯死させる。(生きたままの運搬が禁止されています。)
3もやせるごみとして出す。

リンク↓↓↓
「環境省 外来生物法」
https://www.env.go.jp/nature/intro/1law/index.html
「環境省 外来生物対策 オオキンケイギクについて」  →https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/list/L-syo-01.html
「山形県 外来生物に関すること」
https://www.pref.yamagata.jp/050011/kurashi/shizen/seibutsu/gairaiseibutu/index.html

00913

お問い合わせ

河北町役場 まちづくり推進課 生活環境係
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81
電 話:0237-73-2111(代表)
メール:kankyo@town.kahoku.yamagata.jp
FAX:0237-72-7333