住民基本台帳ネットワーク

住民基本台帳ネットワークシステム(以下、住基ネット)は、地方公共団体共同のシステムとして、居住関係を公証する住民基本台帳のネットワーク化を図り、4情報(氏名、生年月日、性別、住所)と住民票コード等により、全国共通の本人確認を可能とするシステムです。

住基ネットの便利なところ

住民票の写しの広域交付


全国どこの市区町村でも自分の住民票の写し(本籍・筆頭者の表示を省略したもの)が取れます。

以前は住んでいる市区町村でしか住民票の交付が受けられませんでしたが、住基ネットを活用して全国の市区町村間で住民票の情報のやり取りができるようになり、全国どこの市区町村でも、個人番号カード、運転免許証などを市区町村の窓口に提示することによって、本人や同一世帯員の住民票の写し(本籍・筆頭者の表示を省略したもの)の交付が受けられるようになりました。

転入、転出手続きの簡素化(特例転入届、特例転出届)

個人番号カードの交付を受けている場合、あらかじめ特例転出届を郵送で行うことにより、引越しの手続きで窓口に行くのは転入時の1回だけで済みます。

これまで引越しの場合には、まず、住んでいる市区町村に転出届を行い、転出証明書の交付を受けたうえで、引越し先の市区町村に転入届を行う必要がありましたが、個人番号カードの交付を受けている場合には、特例転出届を郵送で行い、個人番号カードを引越し先の窓口で提示して特例転入届を行うことで、引越しの場合に窓口に行くのが転入時の1回だけで済むようになりました。

 

住民基本台帳ネットワークシステムについての詳細は、「総務省」ホームページをご覧ください。


河北町役場 税務町民課

〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81番地

電話  0237-73-5160(直通)

お問い合わせ

河北町役場 税務町民課 町民係
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地戊81
電 話:0237-73-2111(代表) / 0237-73-5160(直通)
メール:chomin@town.kahoku.yamagata.jp
FAX:0237-72-7333