令和3年度 河北町飲食業等持続化支援金

新型コロナの影響により、売上が減少している飲食店と、飲食料品を卸している町内事業者に支援金を支給します

引き続き新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上が30%以上減少した町内の飲食店や、飲食店に飲食料品を卸している事業者に支援金を交付することで、事業の継続を支援します。

 対象者

1 町内に本店事業所を有する事業者
2 令和元年度以前から継続して事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する方
3 町内に飲食業店舗を持つ、または飲食店に飲食料品を卸している卸・小売事業者
4 令和3年7月~9月(3カ月間計)の総事業収入が、その前年同月または前々年同月と比較し、30%以上減少していることが証明できる方
5 町税等の滞納がない方

支援金額

 ●令和元年7月~同9月(3か月間)の総事業収入(売上)の月平均額
 または
 ●令和2年7月~同9月(3か月間)の総事業収入(売上)の月平均額 
 のいずれか多いほう から、
 ●令和3年7月~同9月の3か月間の総事業収入の月平均額
 を差し引いた額の30%に相当する額(最大30万円・1,000円未満切り捨て)


例1:

令和元年7月の売上 55万円      令和2年7月の売上 35万円
令和元年8月の売上 35万円 令和2年8月の売上 40万円
令和元年9月の売上 30万円 令和2年9月の売上 30万円
3カ月の平均 40万円 
月平均額の多い方
3カ月の平均 35万円
※添付書類は不要

令和3年7月の売上 30万円
令和3年8月の売上 20万円
令和3年9月の売上 25万円
3カ月の平均 25万円


40万円25万円=15万円 15万円×0.3=4万5千円(交付決定額)

減少率:55万円35万円30万円=120万円②、30万円20万円25万円=75万円①
(②-①)÷②×100=37.5%≧30%


例2:
令和元年7月の売上 180万円      令和2年7月の売上 250万円
令和元年8月の売上 220万円 令和2年8月の売上 350万円
令和元年9月の売上 200万円 令和2年9月の売上 200万円
3カ月の平均 200万円
※添付書類は不要
3カ月の平均 266万円
月平均額の多い方↑

令和3年7月の売上 170万円
令和3年8月の売上 200万円
令和3年9月の売上 130万円
3カ月の平均 166万円

266万円166万円=100万円  100万円×0.3=30万円(交付決定額)

減少率:250万円+350万円200万円=800万円②、170万円200万円130万円=500万円①
(②-①)÷②×100=37.5%≧30%

 申請方法

交付申請書兼決定通知書(様式第1号)に、次の書類を添え令和3年11月30日(火)までに町商工観光課に申請ください。
※交付は、同一の申請者に対して一回限りとなります。

 添付書類

区分  添付書類等
中小法人等 1 町税等の直近の納税証明書(町民係で発行をお願いします)
2 対象月の属する事業年度の直前の事業年度の確定申告書別表1の写しと、法人事業概況説明書の写し(法人)
3 対象月の月間事業収入を証明する書類(売上台帳等)
4 振込先口座が確認できる申請者名義の通帳(通帳表紙裏等にある、カタカナ表記の名義がわかる面)の写し
5 飲食店に卸していることがわかる証明の写し(飲食店に飲食料品を卸している卸売・小売業)
6 その他町長が必要と認める書類
個人事業者等 1 町税等の直近の納税証明書
2 令和元年または令和2年分の確定申告書第1表の写し
3 所得税青色申告決算書の写し(青色申告を行っている場合)
4 対象月の月間事業収入を証明する書類(売上台帳等)
5 振込先口座が確認できる申請者名義の通帳(通帳表紙裏等にある、カタカナ表記の名義がわかる面)の写し
6 飲食店に卸していることがわかる証明の写し(飲食店に飲食料品を卸している卸売・小売業)
7 その他町長が必要と認める書類

申請書送付先・問合せ

河北町商工観光課 商工振興係 宛
〒999-3511 河北町谷地字真木335-1  道の駅河北3階
TEL 0237-73-5162

00393

お問い合わせ

河北町役場 商工観光課 商工振興係
〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地真木335-1
電話:0237-73-5162