悪質商法の被害防止に取り組んでいます

安全・安心に暮らせるまちを目指して

 悪質商法被害防止のため、町では、啓発用パンフレット「新型コロナウイルスに便乗した詐欺が増えています!!」を全戸配布するとともに、無料弁護士相談を開催しています。
 悪質商法には、架空請求・うそ電話詐欺等の詐欺や送りつけ商法・点検商法など様々な手口があり、巧妙で新たな手口も増えています。
 山形県内でも、架空請求詐欺や還付金詐欺被害が発生している他、無料点検で高額な契約を締結させられた点検商法、布団の無料診断やクリーニングをうたい新しいものを購入させる次々販売、役所や消防署などの公的機関の職員を装い信用させ、「消火器」や「浄水器」などを高額で購入させるかたり商法などの悪質商法の被害が出ています。
 特に、在宅時間が長い高齢者は、悪質商法の被害にあいやすい傾向にあり、だまされていることに気がつかない人や、被害にあっても相談していない人もいると思われます。また、ネットショッピングのトラブルやキャッチ商法・アポイント商法などは、学生などの若い世代の方にも被害が発生する恐れがあります。
 被害防止のためには、家族や身近な人の見守りや声かけなど、日頃から注意を呼びかけることが重要です。また、被害にあわないためには、その手口と対処法を知り、行動することが必要です。
 悪質商法や振り込め詐欺など、消費生活でお困りの際は、消費生活相談窓口にご相談ください。
町民が安全安心に暮らせる町をめざし、今後とも継続的に消費者行政に取り組んでまいります。

                           
                            河北町長 森  谷 俊  雄


<お問い合わせ>
消費生活相談窓口 河北町役場 まちづくり推進課 生活環境係 TEL:73-2111
         山形県消費生活センター TEL:023-624-0999