古今雛(細谷次朗氏蔵)

古今雛(細谷次朗氏蔵)

 古今雛は明和(1764~72)のころ、江戸の大槌屋が人形師原舟月に作らせ売出したものである。有職雛に見せられた舟月は、精巧ないきいきとした写実性を表現。衣装は金襴や綿地を主流に用いる。当時の婦女子を熱狂させたのである。本品は高さ29cmで女雛の端袖は有職の幸菱紋の単を用い、容姿からして原舟月系の江戸雛である。江戸製。