空き家等の適正管理に関する条例Q&A

Q. なぜ、条例が制定されたのですか?
A. 近年、管理不全な状態にある空き家等が倒壊するなど近隣住民の生命、身体、財産等に被害を及ぼす恐れが出てきており、社会問題化しております。本条例は、空き家等の「所有者等の責務」を明確にし、所有者等による空き家の適正管理を促し、町民の安全で安心な暮らしを実現するためです。

Q. 条例を制定して何をするのですか?
A. 管理不全な状態にある場合、近隣住民や通行人へ被害の及ぶ前に、その所有者に連絡し対処をお願いします。


Q. 空き家が倒壊したら、町でなんとかしてくれるのでしょうか?
A. 所有する土地、建物が原因で他者等に被害を与えた場合は、その所有者等が責任を負うことが法律で定められています。場合によってはその所有者等は、被害を受けた方から損害賠償請求されることも想定されます。

Q. 空き家をそのままにしてはいけないのですか?
A. 良好に管理をしていれば、問題はありません。トタン屋根が剥がれたり、雨樋が落ちて風で飛びそうになっていたり、雪下ろしの管理がない等、近隣住民や通行人に被害を及ぼす恐れがある場合は、条例により、町が助言、指導することになります。それでも改善されない場合は、勧告、命令を行い、それでも従わない場合はその旨を公表することもあります。


Q.  空き地(更地)を所有しているのですが?
A.  町には、空き地(更地)の草木が生茂し、又は昆虫その他の動物等の繁殖により、周辺住民より多くの苦情が寄せられています。空き家同様に適正な管理をお願いします。